Home / 開局申請

開局申請

使用する機械が決まったら、開局申請をします。

●開局申請をする前に必要なこと

・無線事業者免許の番号

・トランシーバーの「技術基準適合証明番号」

・トランシーバーの取扱説明書に記載されている、「無線局事項書及び工事設計書」の記入方法

●インターネットで申請する方法

1.「電子申請・届出システムLite」で申請手続きをする

2.手続き申請後、手数料を納付する

3.納付番号通知(Eメール)後、インターネットバンキングOR 金融機関のATMから納付する

4.免許状郵送のための返信用封筒を提出先の総合通信局・総合通信事務所に送付

※「技術基準適合証明」ラベルのないトランシーバーで申請する場合は、電子申請、書面による申請ともに、

「アマチュア局保証」の手続きが必要。

詳細はこちら

●書面を使った開局申請

1.「アマチュア局個人・社団用開局用紙」の購入

アマチュア無線機器販売店、お近くの書店、一般社団法人アマチュア無線連盟で購入可能

インターネットからの、ダウンロードはこちら

2.機器の購入

3.申請書の作成・必要な額の印紙を貼り郵送

●「無線局免許状」到着

・書類を総合通信局に提出してから、通常3週間ほどで「無線局免許状」が郵送されてくる。局の「コールサイン」は、

この免許状に記載されている。

・「無線局免許証票」という1センチ角ほどのシールが申請したトランシーバーの台数分だけ同封されてくるので各機器に貼付する。

※「無線局免許状」は車に設置する場合や、ハンディ機を持ち歩く場合なのでは、できるだけ一緒に持ち歩く。

ツールバーへスキップ