Home / 活用方法いろいろ / ドローン / ドローンを使用する前に

ドローンを使用する前に

近年、日本でも主流となったドローン。日本では、あまり法律規制もされていなかった為、悪質な使い方でニュースで話題にもなりました。

日本では、まだまだ法律の規制が追いついてないですが、2015年12月10日より通称ドローン規制法(改正航空法)が施行され、それまでは特別な許可なく飛行が可能だったドローン(無人航空機)が、一部のエリアや条件で許可なく飛行する事が禁止となりました。

①飛行ルールの対象となる機体

10c79bc3953a536cfb3f479c0f7a17d5_s

ドローン(マルチコプター)
(機体本体の重量とバッテリーの重量が合計200グラム未満のものは申請不要)

f07ea1022b54429359732ac5aaed92bc_s

ラジコン機(機体本体の重量とバッテリーの重量が合計200グラム未満のものは申請不要)

nouyakuhelicopter

農薬散布用ヘリコプター

②無人航空機の飛行の許可が必要となる空域

以下の条件に当てはまる場合は事前に申請が必要となります。
⇒申請手続きについてはこちら
飛行させる10日前(土日休日等を除く)までに提出

1.空港等の周辺の空域

●空港やヘリポート等の周辺に設定されている進入表面、転移表面若しくは水平表面又は延長進入表面、円錐表面若しくは外側水平表面の上空の空域

●進入表面等がない飛行場周辺の、航空機の離陸及び着陸の安全を確保するために必要なものとして国土交通大臣が告示で定める空域

2.地表または水面から150m以上の高さの空域

3.人または家屋の密集している地域の上空

●平成22年の国勢調査の結果による人口集中地区の上空
※人口集中地区は、5年毎に実施される国勢調査の結果から一定の基準により設定される地域のことです。

③飛行のルール

●日中から(日出から日没まで)に飛行させる

●目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させる

●第三者または第三者の建物、第三者の車両などの物件との間に距離(30M)を保って飛行させる

●イベント、祭り等の多数の人が集まる催し場所での上空で飛行させない

●爆発物など危険物を輸送しない

●無人航空機から物を投下しない

※これらの条例は更新される可能性もありますので、最新の情報を国土交通省のHPで確認し、ルールを守って安全・安心に楽しみましょう

ツールバーへスキップ