Home / アマチュア無線とは / 通信機器について

通信機器について

YAESU FT1XD 144/430MHz帯 5W出力 デュアルバンドD/A(デジタル/アナログ)ハンディトランシーバー

ハンディー機

特徴:

●種類が豊富

●価格がやすい

●持ち運びに便利

●パワーが無く、長時間の使用には不向き

●長時間使用することも可能だが、充電式の専用バッテリーは高価

モード:

FM専用機がほとんど

 

FT-7900 スタンダード(STANDARD) 144/430MHz帯 FMデュアルバンドモービルトランシーバー 20W

モービル機

特徴:

●車に取付ける用の機械だが自宅に固定で取付けることも可能

●こんなパクトで操作性が良い

●モノバント、デュアルバンド、トリプルバンド、オールバンドがある

●VHFからUHFのFM専用機が主流だが、オールモード機やHFからUHFま
出力に応じた放熱板があるので、長時間でも比較的安定した運用ができる。

モード:

●FM専用機が主流

●HFを含むオールバンド機はオールモード

iCOM アマチュア無線機 固定式 IC-7600

固定機:

特徴:

●自宅などの無線室に設置する据え置き型トランシーバー

●オールモードで多機能。

●各種フィルターやデジタル機能でノイズを除去し、目的の信号をとらえることも可能

●価格が高い。

10万円台の入門機、20~30万円前後の中級機から100万円以上の高級機まであり

●電力が大きいので、30A~40A以上の容量の大きい直流安定化電源が必要

モード:

●オールモードがほとんど

オールモードは少なくともCW・SSB・FMの3モードでの送信が可能

●機種によりAM、さらにはRTTYやATV、各種デジタル機能を備えたものがある

スタンダード FT-817ND YAESU(ヤエス)HF/50/144/430MHz オールモードポータブル機 出力5W

ポータブル機:

特徴:

●ポータブル(可般型)のトランシーバー

●ハンディ機のように手で持つのではなくショルダーバックのように肩にかけるタイプ

●ハイキングや登山でもHFを運用したい、あるいはSSBモードで交信したいという人に利用されている。

●大きさはモービル機程度ですが、本体にバッテリーとアンテナが付いている

モード:

CW・AM・SSB・FMなどのオールモード

ツールバーへスキップ