Home / アマチュア無線とは / アマチュア無線の魅力2

アマチュア無線の魅力2

アマチュア無線(ハム)は、古くから「趣味の王様」と言われています。

電波を使う人は、有限な資源である「電波」を使うことから、ルールを守って使う必要があります。

アマチュア無線の資格を取得した人でなければ、アマチュア無線局の開局はできず、

電波法で定める無線局免許を取得しなければなりません。

大きな魅力の一つとしては、国籍、年齢、職業の区別なく、たくさんの仲間とコミュニケーションがいつでも取ることができることです。

また、免許取得後は、衛星通信、月面反射通信などの特殊な通信や画像伝送(テレビ、SSTV)、FAX伝送、パケット通信、モールス通信、普通の電話(音声)通信など様々な種類の電波形式を用いて電波を出すことができます。

アマチュア無線は24時間誰かしら呼出周波数(非常通信周波数)を聞いていますので、

持って行ったトランシーバーが電波さえ出れば誰かと交信できる可能性が非常に高く、

これだけ携帯などたくさんの通信機器が発達した今でも、遭難時などに無線は活躍しています。

アマチュア無線は、有限な資源である「電波」を使うことから、ルールを守って使う必要があります。

電波を使う人は、アマチュア無線の資格を取得した人でなければなく、アマチュア無線局という無線局を開局するので、

電波法で定める無線局免許を取得しなければなりません。

 

ツールバーへスキップ