Home / ラジオ受信 / AM放送を聞きやすくするためにFMの新しい周波数を割り当て!ワイドFMって何?

AM放送を聞きやすくするためにFMの新しい周波数を割り当て!ワイドFMって何?

AM放送局の放送エリアで、電波の入りにくいエリアや災害対策のために従来のFM放送用の周波数(76MHz~90MHz)に加えて、新たに割当てられた周波数である90.1MHz~95MHzを用いてAM番組を受信できるようにしたのがFM補完放送、「ワイドFM」と呼びます。

この90.1MHz〜95MHzと言えばテレビ放送のアナログ放送として使っていた周波数が、地デジ放送に変わって、アナログ放送の電波を使わなくなったために割り当てられました。

ちょっと昔のラジオで、AMラジオやFMラジオが聞けるもので、テレビ放送の1ch, 2ch, 3chの音声だけがきけるものってありましたよね?この部分が割り当てられたということです。

AMの電波は中波と呼ばれ526.5kHzから1606.5kHzまでが割り当てられていて、鉄骨の建物の中などでは受信しづらい状況があります。音声もモノラルでFM放送に比べるとあまり良い音ではありません。

このような聞けないエリアを補完するために登場したのがワイドFMです。音質も良くなり、独特な雑音もなくなり、快適にAMラジオ放送を受信できるようになっています。

以下が関東と関西の代表的な放送局の放送例です。

▼関東

ラジオ局 ワイドFM周波数 AM周波数
TBSラジオ 90.5 MHz 954 kHz
文化放送 91.6 MHz 1134 kHz
ニッポン放送 93.0 MHz 1242 kHz

▼関西

ラジオ局 ワイドFM周波数 AM周波数
MBSラジオ(毎日放送) 90.6 MHz 1179 kHz
ABCラジオ(朝日放送) 93.3 MHz 1008 kHz
OBCラジオ(ラジオ大阪) 91.9 MHz 1314 kHz

ハンディ機などでマルチレシーバー機能がついていれば、これらの周波数をいつでも受信可能です。

是非ためしてみましょう!

Advertisement

Advertisement

About ad-musen

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ